レフや撮影台代わりにも使えるLEDライト Fotodiox C-300 RS


スポンサーリンク
レフや撮影台代わりにも使えるLEDライト Fotodiox C-300 RS

映像だけでなく、写真にも使用可能になってきたLEDライトFotodiox。今回は丸型でアイキャッチがきれいに入りレフ板や撮影台代わりにも使えるFotodiox C-300 RSをご紹介いたします。

160720_agai_c300_001

ポートレートのアイキャッチだけでなく撮影台やレフ板としても活用可能なFotodiox C-300 RS

Fotodiox C-300 RS最大の魅力は丸型でポートレート撮影のアイキャッチやレフ板としてもかつようできることだろう。従来のLEDライトは四角型でどうしても瞳に角が残ってしまっていたが、このFotodiox C-300 RSであれば、電球の粒が残ることがなくきれいにアイキャッチを入れることができる。

160720_agai_c300_003

薄型で持ち運びもしやすいLEDライト

横から見ると非常に薄型なのがお分かり頂けると思う。サイズは260 x 46mm 重量は742gと機動性も兼ね備えている。

160720_agai_c300_002

バッテリー駆動とコントロールがしやすいつまみ

NP-Fバッテリー専用で出力は30W、付属バッテリーでは2時間、ACでの駆動も可能。屋外ロケでの撮影や電源が確保しにくい環境化での撮影も可能。

160720_agai_c300_015

細かな調整も行えるように考えられたバイカラーのケルビンと光量調整のつまみ。

160720_agai_c300_039

照度は2050lux/0.5mでISO 100 1/125でF8 を計測、かなり明るい。

160720_agai_c300_028

LEDの用途を最大限に活用するアイディア

写真のように、角度を調整できるのでレフ板として使用できるのはもちろん、重量がさほどない商品や小物であれば商品撮影台としても活用出来る。

160720_agai_c300_018

しっかりとした固定するのに力が加えやすいレバーが嬉しい。

160720_agai_c300_034

照射角が非常に広く、ポートレートやブライダル撮影のほかLEDとしてキャンプなどにも使える。実際に使用したカメラマン談だが、真っ暗闇の夜のロケーションでFotodiox C-300 RSを照明として活用していたところ、かなり明るく撤収作業にも非常に役に立ったそうだ。

160720_agai_c300_051

持ち運びが便利なケースだけでなく付属アクセサリーが豊富

付属品はAC/DCフルキット。凡庸性の高いNP-Fバッテリー2つに二口充電器。直接AC駆動させるためのACケーブルや、シガーソケットも付属する。さらにはダボまでセットになっており細かな気配りが嬉しい。

バイカラー例 C-300
バイカラー例 C-300

バイカラーの3200-5600KBでカメラマンのアイディア次第で様々な使用方法が広がるfotodiox C-300 RS。

2台組み合わせての撮影で異なるKBを設定すればすっきりとした白背景を作り出すこともできるので、撮影用のLEDライトをお探しの際には一度試してみてはいかがでしょうか。

fotodiox ZERO【C-300RS】fotodiox ZERO【C-300RS】

販売価格(税込): 43,237 円
クーポンコード mbbron 使用でストロボマガジン特別価格 ¥42,373


スポンサーリンク