ストロボを使うときに知っていたい背景の距離との関係性


スポンサーリンク
ストロボを使うときに知っていたい背景の距離との関係性

人物撮影などの際にストロボの光量は一定でも
背景との距離で背景の明るさが変わります。

今回はライティングなどの際に覚えておきたい
ストロボと背景との距離のテストをしていきたいと思う。

ポートレート ストロボ距離2

本日のモデル あぁ〜しらき さん
http://ameblo.jp/aashiraki/

まずは、背景紙と被写体が近く、ストロボの距離も近い例
この被写体が適正になるように、背景から離れた例がこちら

ポートレート ストロボ距離3

先ほどまでは奥の背景紙上から数歩前にでただけで、
白い背景紙でもグレーとして使用することができる。

この状態からストロボのみを離すと・・・

ポートレート ストロボ距離4

先ほどまでは上半身のみ明るかったが全身に当たるようになった。
この様に、全体のトーンを抑えたいときはストロボを近づけて
ストロボの当たる範囲を狭めることで、背景を暗く落とすことが出来、
ライトと被写体の距離を適度に話すことで全身にストロボを当てることができる。

ポートレート ストロボ距離この
背景と被写体の距離
被写体とストロボの距離
上記2つがストロボライティングを組む上で重要な要素となることを覚えておきたい。

ストロボ初心者向けのライティング内容は今後も更新していきますので
今回はこのあたりで。

broncolor siros400sブロンカラー シロス400S(Wifi/RFS2.1内蔵)オリジナル1灯セット

販売価格(税込): 294,624 円

クーポンコード mbbron 使用でストロボマガジン特別価格 ¥288,732

 

 


スポンサーリンク